エキサイトブックス
カテゴリ
全体
:: 最新情報
季節の1枚
:: 北方のお茶
:: お茶のこだわり
:: お茶の入れ方
ベリーフ
:: 手作り山人参茶
:: 注文方法
:: スタッフ日記
亀長茶園

亀長茶園では、宮崎県北方発のお茶情報や、商品を中心にご案内しております。
宮崎県延岡市北方町辰595-4
TEL:0982-47-2751

釜炒り茶の亀長茶園HP


延岡市
延岡観光協会
パワナビ
ランキング

スリーワード懸賞

ブログランキング
参加中です。。。
下のバナーをクリックに
ご協力m(_ _)m
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村
宮崎県北限定お店紹介 げなてん

FC2ブルグランキング
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
カテゴリ::: お茶の入れ方( 2 )
お茶の保存方法と賞味期限
d0040076_15244427.jpgパッケージの賞味期限をご覧になり、お茶に賞味期限があることに驚かれる方も多いようです。しかしお茶の場合は期限日を過ぎたからと言って、その翌日から品質を保証できないと言うわけではありません。
この表示は期限内に飲む方が「お茶本来の味や香り」を充分に楽しめると言う期間の目安とお考え下さい。製茶(再製)されたお茶は、できるだけ空気に触れぬように細心の注意を払い年間を通じて低温(±3°C)・低湿の大型の冷蔵庫に大切に保管されます。とれたてを新鮮とする魚や野菜と言った生鮮関連食品とは全く異なり、酸化の進行を抑えると言うことで『新しさ=新鮮』を保つのです。
昨今のお茶は、お客様の嗜好の変化に伴い、昔のお茶とは変わって『新鮮さ=鮮度』が求められるようになりました。古くなったお茶の色は「茶色から緑へ」形は「細くよれた茶から粉っぽく」等の変化が見られます。
[PR]
by kamenaga | 2006-10-27 15:25 | :: お茶の入れ方
新鮮風味を保つために
現代のお茶は昔のお茶と異なり、酸化を止めて保存するようになり、味の傾向や嗜好までが変わってきました。昔のお茶は常温又は壺や茶箱で保存しましたが、現在はお湯の色をより緑にという消費者ニーズがあるため、そのみどりと新鮮風味を保つために、低温保管を実施しています。
[PR]
by kamenaga | 2005-04-26 13:46 | :: お茶の入れ方